中部ブロック:全国展開の探偵社/静岡・愛知・三重・岐阜/浮気調査/探偵業法/探偵/浮気調査/興信所/人探し/離婚/探偵/結婚調査/盗聴器発見/浮気慰謝料請求/不倫/行方調査/裁判資料/信用調査
探偵 中部・調査:ガルエージェンシー・中部ブロック
検索ブロックを選択
北海道・東北関東
東京関西・四国
中部中国・九州

検索都道府県を選択
静岡県 東部
静岡県 西部
岐阜県
愛知県 北部
愛知県 南部
三重県
総合探偵社ガルエージェンシー
ガル探偵学校
ガル探偵学校のHPです!
新規FC募集
浮気の解決サイト 浮気調査
浮気の解決サイト 浮気調査
人探し・行方調査サイトへ
人探し・行方調査サイト
盗聴器発見サイト
盗聴器発見サイト
法人調査サイト
法人調査サイト
結婚調査サイト
結婚調査サイト

探偵 中部・調査:ガルエージェンシー・中部ブロック

中部ブロックの探偵社|浮気調査・探偵の求人|

静岡・岐阜・愛知・三重

浮気調査 行方調査 信用調査 盗聴盗撮発見 その他の調査
探偵業法 離婚 会社概要 プレスリリース プライバシーポリシー
調査事例集 探偵の歴史 探偵用語集

■離婚相談


探偵が離婚相談?と思われた方もいると思います。
探偵が離婚に関わる調査を受けた場合、お手伝いする場合には主に「相手の浮気に悩んでいる。」というケースが殆どです。探偵に浮気調査をお願いする人は「浮気された腹いせに自己満足の為に調査するんでしょ。」と言った考えは間違いです。当初は「事実を知ること」であったかも知れませんが「浮気は結婚生活における重大な違法行為」なのです。当然、慰謝料の請求対象になります。

浮気は離婚原因としても認められ、浮気の事実を知りその後、離婚を決意される方がいます。
調査の結果、不貞行為の証明を押さえられれば弁護士に資料を渡し弁護士が資料を用いて調停、訴訟を行って行きます。決定的な証拠が取れれば 慰謝料、養育費、親権など全て有利に展開出来るのです。その為の基礎知識を学んで頂き、事前に事を進めることをお勧め致します。なぜなら慰謝料が確定すれば少なからずそこまで掛かった費用だけでなく今後の生活に大切なものを取り返す事が出来るからなのです。誰の為?それはお子さんの為、ご自身の今後の為なのです。


現代ニッポンの離婚の現状

近年、離婚率は年々増加傾向にあります。もし離婚を今考えているのであれば離婚を選択する事が決して稀なことではありません。また熟年離婚についても年々増加傾向にありますので今後団塊の世代の離婚が増えればさらに増加すると予想されます。また婚姻期間が長い夫婦の離婚が増えており、熟年離婚の数は数字上でも確認されています。また離婚率では10代、20代 が増加しています。

離婚動機としては「性格の不一致」が一番多いのですが男女 ともに異性関係が上位にあります。身近に離婚経験がある方がおられると思いますが数人にひとりは離婚原因が異性関係であったりするのです。
知人から離婚した原因を聞かれた際、表向きは「性格の不一致です。」と答えますがその実、異性関係で悩んで離婚しているのです。離婚した方は体裁を気にして言わないのです・・・
よって浮気で悩んでの離婚は決して珍しいことではないのです。正確には「性格がお互い合わないので浮気して異性関係が原因で離婚した。」というのが本音だと言えます。

ここ10年間で離婚の方法も協議離婚だけでなく、お互い条件が折り合わないなどの為、調停離婚、審判離婚、裁判離婚もあわせて増えてきています。

もし近い将来あたなが離婚を考えているのであれば離婚時の条件などをどうしたら「有利に展開出来るのか」を学んでおく必要があります。


増加する熟年離婚


具体的に数字でみてみましょう。厚生労働省の人口動態統計2002年版によると、離婚件数は28万9838組で、前年の28万5911組より3927組増加し、離婚率(人口千対)は2.30、前年の2.27を上回り、離婚件数とともに明治32年以降最高となったとのこと。



結婚が42秒に1組なのに対して、1分49秒に1組が離婚していることになります。中でも結婚10年未満の離婚が対前年比で減っているのに比べて、15年以上から35年以上の世代で大変増えているのです。


たとえば25歳で結婚した場合、結婚期間が20年で45歳、35年で60歳…ということになりますから、熟年離婚が多いということなのです。また、離婚数の増加を見てみると…



このように結婚年数が長い夫婦のほうが離婚増加率が高いという驚きの結果が出ています。
離婚の原因については様々ですが、妻からは「大事なときに助けてくれなかった」「心無い言葉に傷ついた」というような思いがくすぶって、積み重なり、ある日それが噴出す・・・。

元気なときには家庭を省みず、中年になって妻を頼りにして「さてこれからはゆっくり旅行でも…。」と思った矢先、妻の気持ちはとうの昔に離れていた、という訳なのです。
お互いに空気のような存在になってしまって、「今更…」と思うかもしれません。でも所詮人間は感情の生き物です。嬉しいときには笑い、悲しいときには泣き、生き生きと健康に暮らしたいと願っているはずです。一度きりの人生です。今一度ご自分を振り返り、反省してみましょう。修正できるところは直し、それでも修復が難しい…と思われた時は、ガルエージェンシーにご相談ください。きっと何か糸口が見つかるはずです。
探偵 中部地区もガルエージェンシー